一番はキャッシングを賢く利用しましょう。

急にお金が必要になって手元にも口座にもお金があまり無いときには、非常に便利ですね。
事前に審査を受けておけばカードをつくることが出来ます。
カードがあればいつでもお金を引き出すことが出来ます。

備えがあれば、不意の出来事に慌てることもありませんね。
現在は10人に一人はキャッシングを利用しています。
悪質な高利貸しに借りることを思えば、安全だと言えます。

金利にも上限があり不当な返済に追われる心配はありません。
最近では、インターネットで融資を受けることも出来て、早い場合では最短30~40分でお金を借りることが出来ます。
非常の事態にも対応できるシステムですね。

ただ、やはりお金は計画的に借りなくてはいけません。
どのような方法で返済するのかを借りる前から考えておいた方が良いです。
借りるにしても、その後の自分に収入の見込みがないといけません。
実際問題、計画的にお金を扱えない人が多いので、学校教育の中に金銭教育も組み込んで欲しいと思います。

キャッシングできるか相談してみるべき

急に家族の葬儀があったりして、大きめのお金が必要になったときには非常に困ってしまいます。
親戚から借りるという選択肢もありますが、かなり深刻な状況となるのでできれば誰にも話さずにすぐにお金を準備する事が大事になります。

そうなってくると、キャッシングを利用する事が最善の対策となります。
ある程度の利息を支払う必要が出てきますが、その利息は先送りすることが可能となっているので、翌月から毎月返済する金額が問題無いのであれば、とりあえず借りて返済の問題は後で考えることにします。

この時重要なのは、自分の借入限度額を知っておくことです。
何らかの企業に勤めている場合には所得証明書を取ることができるはずです。
もしくは、去年の源泉徴収票から年収の金額を割り出すことが可能となるので、その金額から借入上限額が設定されます。

よく分からない場合には、簡単な審査もできますし、本審査も最短30~1時間以内で終了する業者も多いです。
キャッシングの会社へ連絡して自分の現在の状況を説明して融資可能であるか相談してみることが大事です。

有名企業との提携がアコムの安定経営を確実にする

サラ金はこれまで高金利であったり、暴力団による取立てが非常に悪質で、それを苦に自殺する人が多数でたりと悪意的なイメージを持って人々は見ていました。1978年設立のアコムも他のサラ金会社と同様に、悪いイメージをもたれていました。

そんな中、1993年に成長企業・ベンチャー企業向けの店頭売買有価証券市場、ジャスダックに登録します。翌年には東京証券取引所の市場第2部、1996年には市場第1部に上場します。上場の条件は株主数・資本金などがありますが、それに加え事業を公平かつ適正に行うことが求められています。

以前のサラ金のイメージでは上場不可能な条件です。それらの条件をすべて満たして上場したと言う事は、ただのサラ金会社ではなく健全に事業を行う金融会社と、社会が見なした事になります。
会社設立当時からメインバンクは三菱信託銀行でしたので、上場の後には三菱グループ関連の事業が増えていく事になります。

上場ののち、東京三菱銀行とアコムのメインバンクである三菱信託銀行が傘下に入っている、三菱東京フィナンシャルグループと組んで新しい事業を始める事になります。
三菱東京フィナンシャルグループとアコム・ディーシーカード・ジャックスが、銀行系消費者金融会社を目的とした合弁企業である株式会社東京三菱キャッシュワンを2002年に設立しました。

2004年には現在の三菱UFJフィナンシャルグループ(以後MUFJ)と事業提携・資本提携することによって2005年には第三者割当増資を引き受けます。
よって設立当時の出資比率がアコムが30%でしたが、増資の後には54.73%となり事実上アコムの子会社となりました。
その際に商号もDCキャッシュワンに変更しています。

しかし2008年に過払い金などによる大幅な財務基盤の悪化を抑えるため、MUFJが株の買い付けを行い持ち株率40%となり、連結子会社に加えました。
2009年にはMUFJの消費者金融部門再編に伴って、アコムはDCキャッシュワンを吸収合併しました。

またアコムだけでなく、MUFJフィナンシャルグループもアコムと資本・事業提携した事によって有益となった点がありました。
顧客がMUFJのローンを利用する際に、アコムがこれまで培ってきた債務保証や審査のノウハウを活用して、個人向けの無担保ローン事業を受託しています。
2001年に北海道銀行との提携を最初に、現在では全国の有力地方銀行25行との間で提携されています。

アコムの連結子会社は、アイアール債権回収会社とエーシーベンチャーズ株式会社があります。
アイアール債権回収会社は、法務大臣から許可を得た民間債権回収会社、サービサー会社です。
サービサー会社の条件は厳しく、資本金5億円以上の株式会社である事・取締役の一名以上に弁護士がいる事・暴力団の関与が無い事などが挙げられます。
子会社からも、以前のサラ金のイメージを排除した健全な企業と言う事がうかがえます。

エーシーベンチャーズ株式会社は、株式上場を目標とする新興企業に投資する投資会社です。
またアコムレンタル株式会社という事務用品のレンタル会社がありましたが、2008年にほとんどの株を譲渡しています。
またレンタルビデオ事業も行っていましたが、2001年にTSUTAYAに譲渡しました。

上場以前は、サラ金というマイナスイメージがつき、それを払拭した上場以降はDCキャッシュワンの業績悪化などもありました。
しかし現在はマスターカードのプリンシパルメンバーであり、日本で唯一マスターカードを発行するライセンスを保持する企業になりました。
アコム設立から36年過ぎ、消費者金融業ではMUFJやマスターカードが認める大企業となったのです。
これからの展望としては更なる債務保証事業の拡大などがありますが、設立当時の理念である「人間尊重の精神とお客さま第一義にもとづきパーソナルライフの実現と生活文化の向上に貢献する」という言葉を忘れず、一般消費者の信頼をさらに高めていく事を第一として、これからも発展を続けて欲しいと願います。

貸金業法の施行以降、厳しくなっているアコムの審査

初めて消費者金融のカードローンに申込むほとんどの人が抱くのは、審査に通ることへの不安です。
開設当時の消費者金融というのは、高度成長時代を背景に、違法な高金利による貸出によって莫大な利益を上げていたため、貸出を増やすことを最優先にしていたことから、審査は非常に緩かったのが事実です。

また、銀行と違って企業への融資が無いため、消費者という顧客を増やすことだけが売上アップの手段でしかなかったことも影響しています。
しかし、経済が低迷し出すと、多重債務を原因とする自己破産者や自殺者が多発するようになったため、消費者金融への社会の目が厳しくなります。
また、最高裁判所によって「みなし弁済」を否定する判決が下されたことで全国的な「過払い金返還訴訟」が起き、消費者金融の資金繰りは急激に悪化します。

さらに、追い打ちをかけるように新たな貸金業法が設立されたことで、消費者金融の営業環境は激変し、多くの業者が倒産したり、銀行の援助を受けたりするようになります。
プロミスとともに消費者金融業界の双璧をなしてきたアコムも同様で、現在では東京三菱UFJ銀行のグループに入っています。
そして、アコムの審査は総量規制の導入とともに厳しくなり、現在の審査通過率は50%に満たず、申込者の2人に1人は審査に落ちているのが現実です。

審査が厳しくなった背景には貸金業法の存在が大きく影響しています。
総量規制によって年収の3分の1までしか貸出ができなくなったため、利用者が大幅に減るとともに、貸出総額が激減しました。
従って、回収不能が出ると業績数字の悪化に直結することになります。
また、上限金利の引き下げによって利益が大幅に削減されたため、貸し倒れを吸収するだけの余裕がありません。
従って、回収リスクの高い人には貸し出すわけにはいかず、結果的に審査を非常に厳しくせざるを得ません。

しかしアコムも消費者にお金を貸し出すことで企業が成り立つので、勤め先があって安定した収入があれば、信用情報に問題が無い限り貸出をしています。
一般的なサラリーマンで、年収の3分の1近い借入が無ければ、審査に通ることは間違いがありません。

ただあくまでも安定した収入のあることが前提なので、雇用の不安定な派遣社員やアルバイト、収入の無い専業主婦においては、以前と違って審査に通りづらくなっていることは否めません。
また個人事業主は景気によって収入が左右されるため、いくら現在は収入が高くても審査に通る確率が低いのは事実です。

キャッシングの利息を少ししか払わない方法

キャッシングで借りたお金は利息をプラスして返済しなければなりません。
利息を少しでも少なくすることができれば自分にとっても有利になることは間違いありません。

利息をなるべく払わない方法は2つ考えられます。
ひとつ目は金利の低いキャッシング会社を利用することです。
金利差は少しの差のように見えても金額が多くなったり、返済期間が長くなったりすると、大きな差となってきます。
たった少しの差だから大して違わないという発想は金利については通用しないと思ったほうがいいでしょう。キャッシング会社を選ぶ鉄則は金利が安いことが絶対条件です。

もう一つは返済期間はなるべく短くすることです。
返済期間が長ければ、借入元本があまり大きく減らないので利息ばかりを返済する結果となってしまいます。
なるべく金額を多く返済するか、繰り上げ返済を利用するなどをして、返済期間を短くすることが利息を少なくするコツです。
特に繰り上げ返済の効果は高いです。

自分が思っている以上の大変さの実感が湧かない

私自身、何度かお世話になった経験があります。
昔ほどキャッシングというものに対するイメージは、悪くは無いと思ったので利用しました。
正直遊ぶお金欲しさの利用でした。
当時はまだ若くて会社員だったので、比較的簡単に審査をパスすることができました。
借入金を臨時収入的な感じにしか捉えていませんでした。

なぜなら、借入時の返済方法が、リボ払い方式だったためでした。
安易に、無理なく返済ができると、高をくくっていました。
高々50万円の借入でも、中々元本の返済には至りませんでした。
というのも数か月返済しても、また限度額まで借り入れしてしまっていたからです。

返済期間を長くしても大丈夫だと思っていたのです。
しかし長期間買い入れするということは、それだけ多くの利息を払うことになるのです。
借りたのは50万円でしたが、結局返済し終わった頃には、借りたお金の倍近い金額を返済してたと思います。

毎月の自分の収入は決まった額です。
返済期間中というのは、収入が減ったような感じになります。
それが自分の考えている以上に重くのしかかってきました。
この経験以降、安易な借り入れはしないことを決めました。

海外キャッシング可能なカードは海外生活の必需品

海外に長期滞在しています。今回の滞在は約10ヶ月が経過しています。
消費者金融は日本在住の方のみの利用になります。

しかし日本から海外へ現金を持ってくる方法、現地通貨の調達方法は、
・日本円や米ドルを持ってきて両替する。
・トラベラーズチェックを使用する。
・現地の銀行口座を開いて日本から海外送金する。
といった方法がありますが、私は日本のクレジットカードの海外キャッシング一本です。

実は、毎月滞りなく支払いをすれば、これが最も手間と手数料を低く抑えられる方法であり、また、必要なぶんだけ引き出せるので、帰国する際に「余っちゃった」となる事態も最小限にすることができるからです。
それと、やはりクレジットカードの機能なので、記録がすべて残るのも安心感があります。

今や「Plus」マークのついた海外キャッシング対応ATMは多くの国にありますので、このやり方で困ったことは殆どありません。(せいぜい、メキシコで治安問題のため1日の出金限度額が決まっていることや、イランで経済制裁のためATMがないことくらいです)

今後もこのやり方を続けるつもりです。